福岡空港国内線の駐車場は30分無料⁈詳しい行き方を解説

FUKUOKA の暮らし

今回は福岡空港国内線の場内にある、立体駐車場をご紹介したいと思います。

ココに停めれば出発口へは5分ほどで行ける、とっても便利な駐車場です。

しかも最初の30分は無料!

旅行者本人が長期間の駐車目的で利用するにはちょっと不向きですが、送迎や空港見学なんかで利用するならかなりおススメ。

初めて利用する人が安心してたどり着けるように、駐車場までの行き方を図と写真を使って詳しく解説していきます。

福岡空港国内線駐車場への行き方

福岡空港国内線の場内地図を書いてみました。

赤の矢印が「行き」、青の矢印が「帰り」です。

場内は全て一方通行。

もし入口を通り過ぎたとしても、場内はグルグルと回ることが出来るので慌てなくて大丈夫です。

では見て行きましょう。

国内線への入口は北側(天神方面)と南側(太宰府方面)の2か所。

図の「①」太宰府方面から進入した場合を見て行きたいと思います。

太宰府方面から来た場合は国内線の南端から入場していきます。

図「①」

国内線ターミナルビルへ続く道を走っていきます。

しばらくすると左手に緑の建物が見えてきました。

これが国内線旅客ターミナルビルです。

 

建物は奥に長く続いています。

駐車場はまだまだ先です。

このまま走り続けましょう。

ここを右に行くと空港の出口に行ってしまうので、気を付けてください。

このまま真っすぐ進みます。

図「②」

ターミナルビルの北側の端までやってきて、ようやく「P」と書かれた立体駐車場が見えてきました。

右車線を走ってください。

左車線はバス専用レーンです。

左手に見えるのは「降車専用スペース」。

ここは長時間停めることはできません。

人を降ろすだけならここでも良いでしょう。

駐車場は右手に見えますが、入口はまだまだ先です。

このまま走ります。

図「③」

駐車場を過ぎた辺りから車線が一気に増えてきます。

まず、右カーブと左カーブに分かれますが、駐車場は右カーブ。

左は天神方面の出口になります。

青のアスファルトが目印です。

この道が右カーブになっているので、そのまま進んでください。

天神方面から入場してくる場合は、ここの左奥からやってくることになります。

図「④」

右カーブを曲がり切った辺りで、右手に駐車場の入口が見えてきます。

天神方面から来た場合は、この辺りで合流します。

駐車場へは右車線からの入場になるので覚えておいてくださいね。

でも万が一、右に入れなくても大丈夫。

1周回れば、またこの場所に戻ってきます。

休日でしたが、とても空いていました。(コロナ禍で利用者が激減しているため)

収容台数は多いので、ピーク時でもそこまで渋滞はしないと思います。

立体駐車場の利用方法

国内線立体駐車場の利用料金は1時間毎200円。

でも驚くことに!最初の30分は無料なんです。

これは嬉しいサービス!

送迎のみでも安心して利用できますね。

一時停車出来る「降車専用スペース」でバタバタ乗り降りしなくてもいいんです。

収容台数は837台。

かなり大きな立体駐車場です。

立体駐車場に停められる車両は高さ制限2.2m、重量制限2t。

大型車の場合は、全高3.85m、全幅4.6m、全長6.0m以上12.0m以下で、停める場所は平面駐車場になります。

身障者枠は、1Fと3Fに7台ずつあります。

ターミナルビルへ渡るには連絡通路を使うのですが、通路があるのは1階と3階。

ここで注意したいのが、立体駐車場の3階がターミナルビルの2階になる、ということ。

こちらが3階の立体駐車場側。

この連絡通路の先は、ターミナルビルのなんと2階。

立体駐車場の3階に停めたからと言って、帰りにターミナルビルの3階で連絡通路を探しても見つからないので注意してくださいね。

段差がないフラットな通路なのでキャスター付きの荷物も運びやすいです。

「出発口」という案内も出ています。

ターミナルビル1階には受付カウンター、到着口、2階は出発口やお土産売り場。

この通路を渡ったら、目の前は出発口です。

あと、忘れてはいけないのが駐車券。

必ず持参するようにしましょう。

帰りに事前精算機で支払いを済ませておくと、出庫がスムーズです。

2階の連絡通路を渡り終わると、ターミナルビル入口手前に事前精算機があるので、忘れずに清算を済ませてくださいね。

ここともう1つ、立体駐車場のエレベーターホール1階にもあるので、1階の連絡通路を使う人はそちらを利用しましょう。

駐車場内にはカート置場もあるので、荷物が多い時はカートのまま戻ってきても大丈夫ですよ。

国内線駐車場の料金表

福岡空港国内線の駐車料金は、1時間ごとに加算されていきますが、一定の時間を過ぎると定額料金になります。

1日単位の料金設定ではないので、お得に利用できますよ。

時間 普通車大型車二輪車
入場から30分以内の出場無料
入場から12時間まで1時間毎200円600円100円
12時間~24時間まで一律2,400円7,200円1,200円
25時間~36時間まで
2,400円+1時間毎
200円600円100円
36時間~48時間まで一律4,800円14,400円2,400円
以降も同様に加算
24時間毎の金額2,400円×日数7,200円×日数1,200円×日数

※平日・土日祝日全て同一料金。

※大型車は6m以上の自動車(牽引車を含む)。

※自動二輪車は原付を含む。

※障がい者の方は障害者手帳を提示すると、上記料金から50%割引されます。

事前予約が出来ないので、旅行者本人が利用する場合は注意が必要です。

混雑している場合は飛行機に乗り遅れる危険性もあるので、不安な人は周辺の送迎付きの駐車場を選びましょう。

国内線・国際線駐車場 問い合わせ窓口

連絡先:092-611-4200
営業時間:8:00~23:00)

※駐車場24時間 年中無休

まとめ

福岡空港国内線にある立体駐車場は、ターミナルビルと直結しているからむちゃくちゃ便利です。

送迎や、空港で遊びたいって人は是非ここを利用しましょう。

今回ご紹介した行き方を頭に入れておけば、初めての人でもスムーズに駐車することが出来ますよ。

でも事前予約はできないので、満車の場合は並ぶ必要はあります。

もし、飛行機の利用者本人が停める場合は、乗り遅れないように気を付けてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました