もつ鍋の「もつ」はどこで買う?選び方とおススメ店をご紹介

FUKUOKA グルメ

栄養たっぷりで美容にもいい「もつ鍋」ですが、食べる機会は少ないのではないでしょうか。

福岡にはもつ鍋のお店がたくさんあり、専門店はもちろん普通の居酒屋なんかでも気軽に食べることが出来ます。

でももつ鍋ってわざわざお店に食べに行かなくても自宅で簡単に作れちゃうんですよ。

「もつ」さえ手に入ればあとはキャベツとニラと簡単な味付けのみ。

とっても簡単です。

ちょっとコッテリとした味付けなので福岡の子供たちはみんな大好き。

「もつ」は栄養豊富なうえ野菜もたっぷりとることが出来るので、親としても有り難いメニューなんです。

そんな簡単に出来ちゃうもつ鍋をぜひご家庭でも作ってみませんか?

と言われても、もつなんて滅多に買う事のない食材。

何を選んだらいいか分からないですよね。

実は美味しく作るためにはこの「もつ選び」がとっても重要なんです。

今回は、もつ鍋を自宅で作るための「もつ」選びのコツをご紹介したいと思います。

もつ鍋には新鮮な「牛もつ」を選ぼう

「もつ」とは鳥獣肉の内臓の事。

内臓=臓物(ぞうもつ)から「もつ」と呼ばれているのですね。

一般的に「もつ」と言えば牛と豚の内臓になります。

という事はもつ鍋に使う「もつ」も、この牛と豚の内臓になるのですが、福岡で食べられているもつ鍋のほとんどは「牛もつ」で作られています。

ではこの「牛もつ」はどこで手に入れたらよいのでしょうか。

ここからが、もつ鍋の味を決める重要なポイント。

美味しいもつ鍋を作るには、もつは冷凍ではなく「国産牛の生もつ」を使うことが大前提。

「そんなこと言ったって国産牛の生もつなんてどこにあるの?」

そうなんです。

実は、この「もつ」という内臓肉は正肉と比べ腐敗速度が非常に速い。

保存性が悪いため、スーパーでは冷凍や解凍のものが多く、生のものになると種類が少なく、取り扱っているお店が少ないんです。

ではどこで購入したらよいのでしょう。

新鮮なもつを購入するなら精肉専門店から直接購入するのが一番確実です。

最近のお肉はスーパーなどのお肉コーナーで買えるため、専門店の数も少なくなっていますが、場所が少し不便でも、お気に入りの精肉専門店を1つ見つけておくとこんな時に助かります。

私も、もつ鍋を作るときは毎回決まった精肉店で購入します。

車で20分ほどかかりますが新鮮なもつは本当に美味しいのでわざわざ足を運ぶ価値はあるんです。

「でも精肉専門店なんて近くに無いし、わざわざ足を運ぶなんてそんな面倒な事はしたくない。」

そんな人も多いと思います。

でも最近はこう言った精肉店も発送対応や通販も行うようになり、遠方の人も購入することが可能になったんです。

生のまま届けてくれるところもあれば冷凍されているものもあります。

えっ?冷凍?

品質管理がしっかりと行われている専門店からの直送なら冷凍でも安心ですよ。

マル和ミートのもつ鍋はこちら

「もつ」といってもその種類は豊富

「もつ」と言って思い浮かぶのはどんなものですか?

一番有名なものは「小腸」で、「ホルモン」や「コテッチャン」「丸腸」とも呼ばれており、脂が多く、プヨプヨっとしています。

スーパーなどでもよく見かけるので、もつと言えばこの小腸を思い浮かべる方が一番多いのではないでしょうか。

もつ鍋にもこの小腸は欠かせません。

福岡のもつ鍋有名店でもこの「小腸のみ」を使ったお店もあり、味にコクがあってとっても美味しいです。

しかし、この小腸以外にも、もつ鍋に適したおススメのもつはたくさんあるんですよ。

もつを細かく分類するとその数は20種類以上。

といってもその中でもつ鍋に使われる「もつ」はほんの一部ですが。

基本となる「小腸」以外に以下のようなものがあります。

基本となるもの

  • 「小腸(丸腸)(コプチャン)(ホルモン)」

お好みで

  • 「大腸(しま腸)」
  • 「ハツ(心臓)」
  • 「ミノ(牛の第一胃)」
  • 「センマイ(牛の第三胃)」
  • 「ギアラ(赤センマイ)(牛の第四胃)」
  • 「ハチノス(牛の第二胃)」

など。

私はセンマイが大好きです。

基本である小腸は脂身が多く、これを入れることによってコクのあるスープに仕上げてくれます。

それ以外のもつはどれもあっさりと食べられるもの。

精肉店に行けばそれぞれ単品で販売されているのでお好みで組み合わせても良いですね。

単品の他にも「ホルモンミックス」というのも売られています。

お店によって内容は違いますが、小腸以外に「大腸(しま腸)」「ハツ(心臓)」「センマイ(牛の第三胃)」などが入っており、色々食べてみたい人にはこのミックスが一番おススメです。

私はいつもこのミックスを購入します。

センマイは見た目がグロテスクなので子供受けはしませんが、私が好きなので余ることはありません。

新鮮なもつで作ったもつ鍋は何の臭みもなく、コラーゲンたっぷりで栄養も満点。

あっさりした鍋に比べコクがあるので子供たちも大好きです。

キャベツやニラ、ゴボウなど野菜もしっかりとれるので安心して食べさせることが出来ます。

ぜひ新鮮なもつを使って作ってみてください。

実店舗からの直送通販ではマル和ミートのもつ鍋がおすすめ。

マル和ミートは福岡にある老舗の精肉専門店。

傷みが早い「もつ」を冷凍ではなく冷蔵で届けられるのは精肉専門店だからできる事。

安心して食べることが出来ますよ。

より新鮮なもつ鍋をお取り寄せで楽しみたいなら是非試してみて。

マル和ミートのお取り寄せもつ鍋をチェック//

丸和ミート

【住所】福岡市博多区銀天町1-2-11
【電話】092-502-4129
【営業時間】9:30〜19:00
【定休日】第1・第3日曜



マル和ミートでは九州産の和牛モツのみの厳選されたもつ鍋セットを販売しています。

マル和ミートのもつ鍋はこちら

まとめ

もつの脂身や臭いが苦手、って人も多いと思いますが、それは新鮮なもつではないから。

美味しいもつ鍋を作るなら国産牛の生もつを使うべき。

でも赤身に比べ傷みやすいもつを新鮮な状態で手に入れるのはなかなか難しいですよね。

スーパーに置いてあるもつは冷凍や解凍されたものがほとんど。

そんな時はちょっと足を運んででも精肉専門店で購入することをおススメします。

上質なもつを使えば必ず美味しいもつ鍋が完成しますよ。

今は専門店からの直送も可能なのでもつを手に入れることが難しい時は利用してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました